株式会社アイ・アールジャパンホールディングス

ディスクロージャーポリシー

アイ・アールジャパンホールディングス ディスクロージャーポリシー

ディスクロージャーの基準

当社は、金融商品取引法および東京証券取引所JASDAQの定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に沿って、ディスクロージャーを行ってまいります。また適時開示規則に該当しない情報につきましても、投資家の需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針です。

情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所JASDAQへの事前説明の後に、同取引所の提供する適時開示情報閲覧サービス(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、メディアへの発表後速やかに本ウェブサイトに掲載することとしています。なお、PDFファイルその他ツールの準備の都合上、これら情報の本ウェブサイトへの掲載が遅れることもあります。また、適時開示規則に該当しない情報を開示するにあたっても、適時開示の趣旨を踏まえ、適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に一般の投資家に伝達されるよう配慮を行ってまいります。

将来の見通しに関して

当社が開示する情報には、業績予想等将来の見通しに関する内容が含まれる場合があります。業績予想は、当社を理解していただく上で重要性の高い情報であることから、一定の前提の下に作成した将来の見通し、現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断に基づいた公表時点における見通しとして情報開示を行っております。また、事業環境の変化等、業績予想以外の将来の見通しにかかる情報につきましても、できる限り精度の高い見通しを提供します。
ただし、将来の見通しは、その作成時点において入手可能な情報に基づき、不確定要素については仮定を置いたうえで当社が作成したものであるため、当社の業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これらの見通しのみに依拠して判断されることは控えていただくようお願いいたします。
なお、アナリストその他の第三者による業績予想に関しては、当社は、支持・不支持その他一切のコメントをいたしません。

沈黙期間について

社は決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算に関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い情報開示することとしております。

その他

本ウェブサイトにおける情報のご利用にあたりましては、本ディスクロージャーポリシー)のみではなく、別途掲載している免責事項も合わせてご参照ください。